ホーム>餃子の焼き方

餃子の焼き方

東京餃子楼 餃子の焼き方

失敗しない!超簡単!焼き餃子のおいしい焼き方

 

20141117124822.jpg20141117124839.jpg
20141117124858.jpg
20141117124913.jpg
20141117124928.jpg

1.冷凍のまま餃子をフライパンに並べます。

フライパンは温めなくて大丈夫です。
餃子は少し間を開けましょう。

2.並べたら、すぐに熱湯100ccを餃子の上からふりかけるように入れ、蓋をします。


6個以上なら熱湯の量は100ccで大丈夫です

3.火加減は、中火で水分が蒸発するまで蒸し焼きにします。

火力はあまり強過ぎると蒸発が早く、中に火が入りません。目安は、4分前後くらい

4.蒸発して薄っすらと羽ができます。

蓋を取り、羽が焦げる前にサラダ油大さじ1をフライパンの縁から回し入れ、また蓋をします。
この時火加減を少し弱くしてじっくりと焼きます。(弱火よりは強めです)

*蒸し焼き・油を入れてからは、時々フライパンを回して場所を移動すると、火の入り方が安定します。

5.餃子がふっくらとしてまわりに焼き色が付き始めたら

時々蓋を取り箸でつまんで色を確認します。4~5分くらいでこんがりと色が付いてきます。

6.色が付いたら、フライパンにお皿をかぶせ、引っくり返せばできあがり。

水餃子のおいしい茹で方

20141117125136.jpg

1.鍋に水を入れ、沸騰させます。
2.鍋に餃子を入れます。解凍せずそのまま(冷凍のまま)調理してください。
3.餃子が浮き上がったら、3~4分茹でます。
4.少しのゆで汁と一緒に器に盛り、できあがり。
タレをつけてお召し上がりください。

餃子のおいしいタレ

東京餃子楼の餃子には、醤油・酢・ラー油を基本としたオーソドックスなタレが良く合います。
配合は個人のお好みで調合してもらうのが一番です
店内のラー油は自家製で、知る人ぞ知る評判のラー油です。

ページ上部へ